美健NEWS

トレンドに敏感な輝く女性のための美容・健康・ダイエット・ファッション・恋愛・仕事などの情報が集まるキュレーションメディアです。

未分類

ダイエットは整形より変わる!20kg痩せて別人になったダイエットコーチの教え(女子SPA!)

投稿日:

700人を平均10kg以上ヤセさせたダイエットコーチEICOさんは、自身も1年間で20kgヤセた経験の持ち主。

⇒【写真】昔と今のEICOさん。全くの別人です…。

 そんな“ダイエットのプロ中のプロ”が、「ダイエットは整形以上に見た目が変わる」と身を持って教えてくれました。

 下の写真は、EICOさんが72kgのおデブ時代(20歳)のもの。

 お次は20kgヤセた現在(34歳、52kg)。まるで別人です!

◆傷つけられて泣くのは、変われるチャンス

「私がヤセようと思ったきっかけは、大学に入学した時、サークル勧誘のビラを私だけがもらえなかったこと。72kgのおデブでダサかった私は、誰からも声をかけてもらえなかったのです。

 すれ違った同級生の男子から、『ゾウみたいな脚』と指をさされて笑われたこともありました。とても傷つきました。弱い心がズタズタ。泣きました。

 でも、泣いてたってヤセるわけじゃない。そこで、“なんで見た目ごときで中身まで判断されなきゃいけないんだ。私のことなんて何も知らないくせに。じゃあ、外見を変えてやろうじゃないか!”と一念発起しました。ショックな出来事をバネにしたのです」とEICOさん。

 その後、一生懸命ダイエットやキレイになるための「勉強」をして、20kgの減量に成功。翌年にはなんと準ミス日本に輝きました。

 発売中の最新刊『ダイエットコーチEICOの我慢しないヤセ習慣200』には、ダイエットのモチベーションを上げる方法がたくさん紹介されていますが、その方法論はEICOさん自身の体験がベースになっているのです。

「ゾウ脚のおデブが、努力で変われたんです。だから、『見返してやる』と思ってダイエットするのも悪くないですよ。ネガティブな動機のほうが爆発的なパワーを生むものだから。

 人は傷ついたときに真剣に変わろうとするのです。太っていることを他人にいじられて傷ついたら、それを変わるチャンスにしてほしい。傷つきっぱなしだと損ですよ」

◆ダイエットで、何歳からでもキレイになれる

 ちなみに、上の20歳と34歳の時の写真を見ればわかるように、「若ければ若いほど美しい」という世の風潮に、EICOさんは異を唱えます。

「ダイエットに年齢は関係ありません。何歳からでもキレイになれます。ヤセられない人はいないのです。ただし、ヤセたいという熱意が続くなら」

 ダイエットはどんな方法であれ、続けられないことには成功しない、とEICOさん。

 ヤセたいと思いつつ、何度も挫折している万年ダイエッターは、体のラインが出る服を着るなど、現実を直視してみるとよいかもしれません。

 キレイになりたいなら、あえて自分を傷つけることも時には必要なのですね。

【ダイエットコーチEICO】

マンツーマンで700人以上のダイエットを指導。自身も21歳のとき、1年でトータル20kgの減量を達成し、翌年、準ミス日本に輝く。主宰するオンラインレッスン『EICO式プライベートレッスン』では、カウンセリングから、生活スタイル、運動経験、体質などを分析し、ダイエット法をコーチングしている。著書に『どうしてもヤセられなかった人たちがおデブ習慣に気づいたらみるみる10kgヤセました』『どうしてもヤセられなかった人たちが“おデブ習慣”に気づいたらみるみる10kgヤセました プレミアム』など。

【どんなタイプでも解決できる】みたいに言ってるのが
ちょっと【インチキくさい】感じがするのよね

わたしが気になっているのはコレ・・・

よく公式サイトとかに出ているモニターさんって
成功したから、代表例として出演しているわけで・・・
全員が【必ず】成功するとは限らないよね。

かといって
実践者のリアルな口コミを読んでると
かなり高い効果を実感できるみたいだよね。

信じて、試してみようかな

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

将棋界の天才・藤井聡太四段が小学生のころに読んでいた本が衝撃的すぎる(週刊女性PRIME)

将棋界の天才、藤井聡太四段の祖母・清水育子さんは、 「好きなことを好きなだけやらせる環境は整っていました。聡太は本当に好きなことをやってきただけなんですよ」 【この記事のすべての写真を見る】  と孫の …

no image

乳がんを防ぐ食事5つのポイントと、乳房のセルフチェック法(女子SPA!)

ここ最近女性の間で関心が高まっている「乳がん」。生涯に乳がんを患う日本人女性は、11人に1人、日本における乳がん死亡数が1万3584人(この50年間で7倍にも増加!)にものぼるというデータが出ています …

no image

VOCE炎上で考える。「若いね!」と言われて喜ぶ女性、怒る女性(女子SPA!)

<みきーるの女子マインド学>  女性向け美容誌「VOCE」(講談社)がWeb版に掲載した「女の市場価値はいくつまで?『男は普通の27歳と美人の33歳、どっちと付き合いたい?』」がネット上で「女性の価値 …

no image

大森南朋の妻・小野ゆり子に「もう一軒行こうよ」眞島秀和とのアブナイ夜会(週刊女性PRIME)

no image

40歳すぎたら“抜け感”は貧相…大人美容でやるべき&やめるべきこと(女子SPA!)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。