美健NEWS

トレンドに敏感な輝く女性のための美容・健康・ダイエット・ファッション・恋愛・仕事などの情報が集まるキュレーションメディアです。

健康

太る原因は足の裏にも!“やせツボ”刺激で美脚&ダイエット(女子SPA!)

投稿日:2017年6月23日 更新日:

ハイヒールを履き続けたり、運動不足などが原因で、若い女性に増えているという偏平足。その偏平足が体のゆがみやO脚、腰痛、肩コリ、そして太る原因になっているって知っていましたか?

⇒【写真】偏平足を改善するエクササイズ。

「土踏まずがなく、足裏が平らになっている状態を偏平足といいますが、土踏まずは筋肉や靭帯(じんたい)で形成されているため、運動不足や老化などで、これらが衰えると消えてしまうのです」と言うのは、アスカクリニカルサロン院長の小野里勉さん。

「土踏まずには、歩行時の衝撃を吸収するという役割があります。そのため、偏平足になると足腰の負担は大きくなり、体のバランスも崩れて、骨盤が傾くなど全身にゆがみが生じます。その結果、O脚やX脚などで脚のラインがゆがんだり、腰痛や肩コリなどの不調が生じることも。

そして、土踏まずのもう1つの役割は、下半身の血液を心臓へ送り戻すポンプ機能。偏平足になると血液が下半身に滞るため、冷えやむくみが生じやすくなります。結果として、代謝が落ち太りやすくなってしまうのです」

◆エクササイズで偏平足を改善

そんな偏平足を改善するのに役立つのがこちらの“タオルつかみ”というエクササイズだそう。「足裏の筋肉を鍛えて偏平足を改善すると同時に足のむくみや疲れの解消にも役立ちます。アキレス腱が伸びるので、足首も引き締まります」

1)イスにやや浅めに腰掛け、片足をタオルの上にのせる

2)かかとをつけたまま、足指5本をすべて使ってタオルをつかむ

3)かかとをつけたまま、床からタオルをもち上げ、3秒間キープする

4)足指を思い切り開いてタオルを落とす。1)~4)を左右10回くり返す

◆足裏を押して血液やリンパの流れを促進

「それから、足裏を押したりもんだりして体の不調をやわらげる反射療法という治療法があります。足裏のイラストのように、血流促進に関わる心臓や肝臓、むくみやデトックスに関わるリンパ腺や腎臓、代謝を活性化させる甲状腺などの反射区を刺激すれば血液やリンパの流れがよくなり、臓器や器官が正常に働き、代謝が上がります」

つぼを刺激する突起がついた「足つぼマット」「足つぼボード」なども市販されていますよね。

また、靴に敷くインソールであればずっと足つぼを刺激できるということで、小野里さんはインソールを開発したそうです(発売中の著書『やせる!美脚になる!魔法のインソール』に付録としてついています)。

土踏まずの筋肉や靭帯を鍛えることができるので、偏平足の改善に役立ち、足裏の代謝アップのツボなどをピンポイントで刺激することができるのです。

この夏は、偏平足を改善し足裏を刺激することで、やせ体質をぜひ手に入れたいですね。

【小野里勉さん】

アスカクリニカルサロン院長。能楽の演者の家系に生まれ、気の重要性を体現する。美容鍼灸の第一人者・福辻鋭記氏に師事し、1995年に「アスカクリニカルサロン」を設立。著書に『やせる!美脚になる!魔法のインソール』(扶桑社刊)など

ネットの評判や噂って
実際のところどうなんだろう?

正直、ノウハウに興味あるから気になります。

わたしが気になっているのはコレ・・・

こんなに簡単に効果がでるんなら
すぐにでもやってみたい気がするんですよね。

評判や口コミどおりに効果あるなら
嬉しいけど・・・。

-健康

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

助けて!子どもに風邪薬を飲ませるのが怖い【シングルマザー、家を買う/65章】(女子SPA!)

<シングルマザー、家を買う/65章> バツイチ、2人の子持ち、仕事はフリーランス……。そんな崖っぷちのシングルマザーが、すべてのシングルマザー&予備軍の役に立つ話や、役に立たない話を綴ります。 ◆娘は …

認知症に驚くべき効果! “速読脳トレ”はどうやって脳を活性化するのか(週刊女性PRIME)

目のストレッチ&速読トレーニングによる“速読脳トレ”が、認知症の改善やリハビリから短期間で回復することが検証され、注目を集めている。 【この記事のすべての写真を見る】 関連

“焦げを食べると、がんの原因になる”説はホント?ウソ?(女子SPA!)

食べていいのか、悪いのか・・・? 食べ物を香ばしく、味わい深くしてくれるのが、「焦げ(コゲ)」。こんがり焼いた肉・魚にはじまり、カリッと焼いたトーストやピザ、ごはんのおこげ、BBQでの野菜・・・。うー …

「更年期は仲間と楽しく乗り切ろう」 横森理香さんのチャレンジエッセイ(週刊女性PRIME)

40歳前後になると頻繁に耳にする「更年期」という言葉。この言葉に恐怖を抱いている女性って多いはず。そんな「更年期」のネガティブなイメージを払拭(ふっしょく)してくれる本が、横森理香さんの新著『コーネン …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。