美健NEWS

トレンドに敏感な輝く女性のための美容・健康・ダイエット・ファッション・恋愛・仕事などの情報が集まるキュレーションメディアです。

美容

たるみやほうれい線に効く!女優やモデルもハマる「こぶしカッサ」ってなに?(週刊女性PRIME)

投稿日:2017年6月14日 更新日:

目元が気になる、頬がたるんできた、なんだか顔が大きくなってきた……そんな悩みを、加齢のせいだとあきらめていませんか? でもいま話題の“こぶしカッサ”が、あなたを救ってくれます! 「二重あご、ほうれい線、たるみの原因はズバリ、顔の筋肉のこり。慢性的な姿勢の悪さによって、実は顔の筋肉もこってしまっているのです。そして、こりは顔を老けさせます。お金も時間もかからない“こぶしカッサ”で、こりをほぐしましょう!」

★詳しいやり方を写真で見る

こう話すのは、代官山山口整骨院院長で、数多くの女優やモデル、スポーツ選手も信頼をおく山口良純さん。

そもそも“カッサ”とは、中国の伝統的な民間療法のこと。カッサ板と呼ばれる専用の板で、皮膚をこすってリンパや血液の流れを促します。一方の“こぶしカッサ”は、このカッサ板のかわりにこぶしを使う、山口さんオリジナルの美容メソッド。その手軽さゆえ、今日からでもすぐに始められます。

「こぶしカッサで重要視しているのは、リンパや血流の促しだけではなく、“こり”の解消。筋肉はこると下がり、こりが解消され筋肉がやわらかくなると、上がるという性質があります。小顔&若々しい顔になるには、こりをほぐすことが重要なのです」(山口さん・以下同)

-美容

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

高須 蓮舫

高須院長が語る、蓮舫氏らを提訴までした真意「美容外科を蔑んでる!」

出典元:(女子SPA!) かっちゃんが本気でブチ切れた――。 5月19日、高須クリニックの高須克弥院長が、民進党の大西健介衆議院議員と蓮舫党代表らを東京地裁に提訴しました。名誉毀損で1000万円の損害 …

美乳

垂れない美乳づくりは、ブラに頼っちゃダメ

出典元:(女子SPA!) セラピストでヨガインストラクターでもあるAsamiさんのサロン(東京・九段下、千葉・市川)で、「おっばいボディケア」という施術を受けてみました。 全身のバランスを調整した前回 …

プチプラコスメ

1000円台アイメイクコスメ

出典元:M.A.Cのチークやアディクションのアイカラーなど、どれもリアルに愛用しているのが一目瞭然のコスメたち。ランコムのクッションファンデは今っぽい肌が作れると、目下のお気に入りだそう。 <アナタの …

夏のファンデ、試して選んだベスト5!カネボウ、THREE…

出典元:(女子SPA!) こんにちは、美容エディターの石山照実です。 暑くなってきました、いよいよ本格的な夏も間近ですね。 ちょっと遅くなりましたが、ファンデーションを買いそびれている方に、新作ファン …

シワ・ほうれい線

シワ・ほうれい線を15秒で改善する裏ワザがあった

出典元:(女子SPA!) 夕方になると肌の水分量が落ち、ほうれい線や小じわが目立ちやすくなりますね。大事な合コンやデートの前、メイク直しだけじゃ不安に感じたことはありませんか? ⇒【写真】ほうれい線に …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。