美健NEWS

トレンドに敏感な輝く女性のための美容・健康・ダイエット・ファッション・恋愛・仕事などの情報が集まるキュレーションメディアです。

健康

「更年期は仲間と楽しく乗り切ろう」 横森理香さんのチャレンジエッセイ(週刊女性PRIME)

投稿日:2017年6月7日 更新日:

40歳前後になると頻繁に耳にする「更年期」という言葉。この言葉に恐怖を抱いている女性って多いはず。そんな「更年期」のネガティブなイメージを払拭(ふっしょく)してくれる本が、横森理香さんの新著『コーネンキなんてこわくない』だ。

いしかわじゅんさんのキュートなイラストに、ピンクの帯。ついつい手に取りたくなるポップなデザインは、さながら恋愛小説本のよう!

そんな本書はオンラインメディア『Our Age』での連載記事からの抜粋を加筆・修正し、さらに書き下ろしで構成したもの。

「更年期を乗り越えるためにいろいろな挑戦をするっていうチャレンジエッセイなんだけど、何がよかったって、結果、すごく体力がついたの。1年半前にこの連載の打ち合わせをしていたころは結構どっしり疲れていたんだけど、ありとあらゆるアンチエイジングものを体験していたら、だんだん疲れにくくなって体調もすごくよくなってきましたね」

そう話す横森さんはハツラツとして元気そのもの。若々しく、とても50歳を過ぎた女性には見えない。しかし実際には、更年期の諸症状にそうとう悩まされていたそう。

「もともと大きい子宮筋腫持ちで月経過多や過長月経はあったんだけど、ひどい肩こりや指先のしびれ、ホットフラッシュとかいろんな不調が出てきたの。そのうちに身体だけじゃなくて、落ち込みやすくなるなど精神的にもダメージが出てきたりして。女性ホルモンのハーブを飲みつつ、鍼灸(しんきゅう)・整体院通い(笑)。そんなときに声をかけられて始まったのが、この連載企画でした」

さまざまなチャレンジの中でも特に気になるのが、フランスのアンチエイジングの権威・ショーシャ先生が生み出した若返り法。お値段は約20万円ほどと庶民には少し手を出しづらいお値段なのだが、実際の効果のほどは?

「『Dr.ショーシャ式 アンチエイジング』を日本で受けることができる和田秀樹先生のクリニックに伺ったんです。そこでは身体の酸化防止のための120種類の食品アレルギー検査をしたの。それまでにもアレルギー検査って受けたことがあったんだけど、せいぜい10数種類とかでしょ。120ってスゴイよね。あと、神経伝達物質の検査も一緒にして、その結果をもとにサプリの処方や生活・食事指導が行われるんです。この検査はフルで受けると高いけど、この秋ごろにもう少し簡易的な検査が3万円くらいで手軽に受けられるコースができるみたいですよ」

検査の結果、卵白と小麦に亜急性のアレルギー反応が出ていたとか。亜急性のアレルギー食品は、身体の中で軽度の炎症を起こし老化を促進してしまうので、アンチエイジングと健康管理の両面から食べないほうがいいものだ。

口コミとかで
いろいろな意見の書込みがあるけど
実際は【効果なし】なの?

わたしが気になっているのはコレ・・・

何でも個人差はあるから仕方ないんですけどね

ほとんど全員が【効果あり】みたいに書かれてるのが
ちょっと怪しい気もすんですけど・・・

でもちょっと期待もしてしまいますよね

やってみようか・・・悩むな~

-健康

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

助けて!子どもに風邪薬を飲ませるのが怖い【シングルマザー、家を買う/65章】(女子SPA!)

<シングルマザー、家を買う/65章> バツイチ、2人の子持ち、仕事はフリーランス……。そんな崖っぷちのシングルマザーが、すべてのシングルマザー&予備軍の役に立つ話や、役に立たない話を綴ります。 ◆娘は …

認知症に驚くべき効果! “速読脳トレ”はどうやって脳を活性化するのか(週刊女性PRIME)

目のストレッチ&速読トレーニングによる“速読脳トレ”が、認知症の改善やリハビリから短期間で回復することが検証され、注目を集めている。 【この記事のすべての写真を見る】 関連

“焦げを食べると、がんの原因になる”説はホント?ウソ?(女子SPA!)

食べていいのか、悪いのか・・・? 食べ物を香ばしく、味わい深くしてくれるのが、「焦げ(コゲ)」。こんがり焼いた肉・魚にはじまり、カリッと焼いたトーストやピザ、ごはんのおこげ、BBQでの野菜・・・。うー …

太る原因は足の裏にも!“やせツボ”刺激で美脚&ダイエット(女子SPA!)

ハイヒールを履き続けたり、運動不足などが原因で、若い女性に増えているという偏平足。その偏平足が体のゆがみやO脚、腰痛、肩コリ、そして太る原因になっているって知っていましたか? ⇒【写真】偏平足を改善す …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。