美健NEWS

トレンドに敏感な輝く女性のための美容・健康・ダイエット・ファッション・恋愛・仕事などの情報が集まるキュレーションメディアです。

話題

<カードローン地獄>破産者の嘆きと「返済能力以上の額を簡単に貸す」銀行の実態(週刊女性PRIME)

投稿日:2017年6月3日 更新日:

「別段、生活に困っていたわけではなく、部下と飲みに行くとき、たまたま持ち合わせがなく(銀行カードローンを)使っていました。最初は1万円とか2万円でしたが……」

【この記事のすべての写真を見る】

東海地方で暮らす中村裕太さん(仮名・31)は、急場をしのぐための軽い気持ちで、学生時代に作った銀行系のカードローンに手を出した。そこが借金地獄の入り口だった。

仕事は、コピー機販売会社の営業職。20代半ばで外車のディーラーに転職したが、

「営業成績が思うように上がらず、ガクンと年収が下がり生活が維持できなくなりました。家賃を下げたくても引っ越し費用もなく、いちばん大きな固定出費を削れなかった。なんとか取り返すぞと思い、妻にカードローンで家計をやりくりするよう伝えていました」

1枚目の銀行カードが限度額いっぱいになったところで、どうしてもお金が必要な事情が訪れた。車の車検だ。

「車は仕事でも使うし、車検は通す必要がありました。でも、お金がない、どうしたらいいかと頭を抱えました」

そこで思いついたのが、別の銀行のカードローンだった。2枚目を作ってなんとかしのいだが、なかなか上がらない収入に重くのしかかったのが、2人の子どもが幼稚園に入る際の入園金、制服などの購入資金だった。

「2枚目のカードの限度額がいっぱいになり、生活が破綻するか、カードを作るかの選択肢しかありませんでした。結局3枚目にも手を出し、総額で150万の借金が……」

現在は、生活を切り詰めつつ妻にも働いてもらい、なんとか生活を維持している。子どもの将来に向けて貯蓄をしなければならない今も、借金の返済に追われている。

公式ページに書かれている
『お客様の声』とか『モニターさんの成功例』とかが
あまりにもウマくいきすぎっ!!!って印象

わたしが気になっているのはコレ・・・

実際の効果が気になるのは事実なんですけど

やっぱり、ネットの商品って
たまに詐欺商品ありそうだし・・・
騙されたくないでしょ。

株式会社 インベサイドさんは実績ある人みたいだし
大丈夫なのかな。

どうしよう~
チャレンジしてみようかな。

-話題

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

家賃収入で家計のリスクを減らす! 300万円から始める不動産投資入門(週刊女性PRIME)

今、人気が高まる不動産投資。株や投資信託、FXなどさまざまな投資先がある中で、不動産投資にはどんな利点があるのでしょうか。 「まず、不動産投資だけは融資を使うことができるんです。融資を受けられる与信を …

眞子さま 小室

小室圭さん、コスプレ姿で過ごしていたICUでの思い出

出典元:「湘南江の島海の王子」に決定した直後の決めポーズ(10年7月) 母親から離れ、ICU2年生の2学期から学内にある寮で生活を始めたという眞子さまのフィアンセ・小室圭さん。同じ寮だった2つ下の後輩 …

眞子さまの婚約者・小室圭さんが目指す国際弁護士とは「初年度の年収で一千万円」(週刊女性PRIME)

秋篠宮家のご長女・眞子さまとの婚約を発表した小室圭さん。彼は現在、一橋大学大学院国際企業戦略研究科に所属しながら、奥野総合法律事務所でパラリーガルとして働いている。 【この記事のすべての写真を見る】 …

眞子さま

眞子さま、学習院女子高等科時代に有志で作ったホラー映画の中身とは

出典元:「ティアラ」を身につけ「ローブデコルテ」姿で 《先生にヘリクツもリクツだと言って(なぜか)怒られた》《テストの字が読みにくいと注意を受けた》《泳力テストを英力テストだと思い、電話してはんいを聞 …

眞子様 小室

眞子さまとご婚約・小室圭さんの近隣住民「彼はよくお母さんと一緒に通勤しています」

出典元:婚約が決まり、会見を行った小室圭さん 「小室さんの誠実さや折り目正しさが報じられてきましたが、横浜から眞子さまを赤坂に送り届けてから、また横浜に戻るエスコートぶりには驚きました」 【この記事の …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。