美健NEWS

トレンドに敏感な輝く女性のための美容・健康・ダイエット・ファッション・恋愛・仕事などの情報が集まるキュレーションメディアです。

美容

垂れない美乳づくりは、ブラに頼っちゃダメ

投稿日:

出典元:(女子SPA!)

セラピストでヨガインストラクターでもあるAsamiさんのサロン(東京・九段下、千葉・市川)で、「おっばいボディケア」という施術を受けてみました。

全身のバランスを調整した前回に続き、今回はいよいよバスト周りのケアです。

◆寄せ上げブラもナイトブラもよくない

おいしい料理に手間暇かけた下ごしらえが必要なように、まず、おいしいバストを作る準備としてクライアントの全身をニュートラルにするという、セラピストのAsamiさん。ダイエットの指導もしている彼女ですが「太った方の原因と思考の癖を知るために、あえて12キロ太ってみた」という経歴の持ち主です。

ここで私自身の胸のサイズを公表しておきましょう。20代の頃はDカップ、しかし今やCカップという悲しき現実。トップバストの位置も当然下がっています。私を含め、下垂してしまった胸を見栄え良くするためにコルセットのようなブラジャーを選んだり、ナイトブラを愛用している方もいるでしょう。Asamiさんによると両方NG。

「通常はゆったりとしたスポーツブラタイプがいいですね。夜はおっぱいも自由にしてあげてください」。

でも無防備にさせておくとどんどんバストが重力に負けてしまうのでは?と不安になったのは私だけではないはず。

「きちんとケアしてあげれば、おっぱいは自立します」

おお、おっぱいの自立!

◆猫背・肩が上がっていると、胸が垂れてくる

自ら姿勢良く立ってくれるバストのために、横隔膜~子宮周りのケアが開始しました。

横隔膜をチェック、マッサージするのは呼吸の深さを確認するため。呼吸が深ければ肋骨も動き、おっぱいも上向きになります。反対に呼吸が浅いと、猫背になったり、酸素が細胞に行きわたらなかったりと支障が出ます。

次いで肩。いかり肩だと思い込んでいた私ですが、無意識に肩が上がってしまっているというではないですか。これ、女性全般にいえるらしいのです。

「バッグの持ち方や、パソコンで仕事をする時などの無理な姿勢が形状記憶されているんです」。

Asamiさんが肩の位置を整えると、バストの位置も変わりました。

いよいよおっぱいケアの真骨頂。Asamiさんが独自にブレンドしたオイルを使用して、私の胸を繊細なタッチでマッサージしてくれます。記憶にあるアロマの香りですが詳細は企業秘密とか。このオイルを使用すると、パートナーが気づくほどサイズアップする人もいるとか。思わず疑いの目を向けてしまった私ですが、「実験そして実践し、確証を得ないとクライアントの身体には使えない」とキッパリ。

全身にまんべんなく熱が行きわたり、緩められているおかげで、バストも緊張から解き放たれているよう。おっぱいへの愛情があふれてくると、表情もやわらかくなってくるんですよね。

そんな私の気持ちが伝わったのか、「おっぱいは愛情で育つと本気で思っています。自己肯定感が高く自分を愛せている人は、形や大きさなど無関係におっぱいもきれい。おっぱいはハートを挟んで君臨しているのですから、愛です。本当はパートナーがおっぱいケアを覚えてくれるのが理想」と切々と語ってくれました。

◆まずは自分の体を自分でさわってみよう

豊胸手術やヒアルロン酸注入等々、胸を大きくする方法は多種多様ですが、できれば自力でなんとかしたいのが女性の本音ではないでしょうか。それこそおっぱいの自立を全身で手助けしたいもの。「身体の使い方を知れば、おっぱいもセルフメンテナンスできるようになります」とAsamiさん。

ハリは出るだろうけど、まさか大きくはなるまい、と半ば諦めていた私の胸が、ふわっと大きくなっている気が…。これぞ、おっぱいの自立? 気のせい?

感激のあまり、オイルの名前や配合率、自宅でのケア方法をしつこく突っ込んでしまいましたが、「ご自分の身体の状態や状況を知ること。まずはご自分の身体をさわってください」と一言。

意外に自分の身体にさわらない女性が多いそうです。外側だけではなく、内側から愛情あふれるふんわり丸い胸は、男性だけではなく女性にとっても永遠の憧れ。夏に向けて、可愛くわがままに自己主張するおっぱいを、作りたいものです。

どこまで信じればいいかが難しいな・・・

やってもいないのに
レビューしてる人もいるだろうしね。

わたしが気になっているのはコレ・・・

効果についてのレビューは、悪評はないみたい。

ほとんどが【怪しい】と考えてることが
前提の推測ばかり。

ただネットの商品って
詐欺が多いって聞くし
購入して、始めてみたいけど・・・

本当に悩むなー。

-美容
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

本当は教えたくない!“美容家が愛用する美顔器”は勝負日直前でもOK♪(女子SPA!)

近頃の美容トレンドは、オーガニック・無添加等のナチュラル派か、最先端テクノロジーを使用したサイエンス派が多いと思いませんか? そんな中、“自然×科学”のハイブリッドコスメをプロデュースしている、美容家 …

夏のファンデ、試して選んだベスト5!カネボウ、THREE…

出典元:(女子SPA!) こんにちは、美容エディターの石山照実です。 暑くなってきました、いよいよ本格的な夏も間近ですね。 ちょっと遅くなりましたが、ファンデーションを買いそびれている方に、新作ファン …

体重45kgを40年キープ! “奇跡の79歳”マダムの美食ダイエット(女子SPA!)

その若々しさとかわいらしさから「奇跡の79歳」と称され、著書『パリが教えてくれたボン・シックな毎日』が話題の弓・シャローさん。美食の国、フランス在住51年で出産も経験しながら、身長152cm、体重45 …

たるみやほうれい線に効く!女優やモデルもハマる「こぶしカッサ」ってなに?(週刊女性PRIME)

目元が気になる、頬がたるんできた、なんだか顔が大きくなってきた……そんな悩みを、加齢のせいだとあきらめていませんか? でもいま話題の“こぶしカッサ”が、あなたを救ってくれます! 「二重あご、ほうれい線 …

コーヒーに意外な効果が!美白博士に聞いた“体の内側”からの肌ケア(女子SPA!)

オトナ女子の夏は楽しいだけじゃありません。これから始まるビーチやフェスでのイベントで日焼け対策を怠ると、数年後、シミとシワに覆われた顔になってしまうかも……。 サンスクリーンや美白化粧品でちゃんとケア …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。